専門家に依頼|電動シャッターを使うことで大きな音がせず安全に使うことができます
男の人

電動シャッターを使うことで大きな音がせず安全に使うことができます

専門家に依頼

男女

食品工場にとって、異物混入対策はとても重要な位置づけにあります。いくらおいしいものを製造していたとしても、異物が入っていた、ということで、すべての製品が安全でないという烙印を押されてしまう時代になっているのです。その異物混入の中でも、際立って嫌がられることの一つは、虫の混入です。虫の混入を防ぐための方策として、各社さまざまな対策を行っておりますが、外から虫が入ってこないようにするためには、シャッターの設置を行っています。製造室に到達するまでに、できるだけ多くの部屋を設置し、虫が到達しにくくするわけです。これらのシャッターは、大手防虫防鼠業者と連携して販売していることが多く、設置状況も含め、防虫業者に相談するのが確実です。

実際に食品工場に行くとわかりますが、いくら部屋を増やして、虫を侵入させないようにする、と言っても作業場開閉は発生します。そのため、シャッターは高速で稼動するものであることが求めれられます。実際、ボタン一つで高速可動で可能で、できる限り作業に支障のないものになっています。そして、機械には故障がつきものです。頻繁に稼働していると、多忙時にはフォークリフトや台車をシャッターにぶつけることもあります。そういった時は修理が必要になります。通常、シャッターの修理というと、大変そうなイメージがありますが、これらのシャッターは修理しやすいような構造になっており、できるだけ業者を呼ばなくとも良い構造にしてあるのです。実際、早ければ数秒で自動復帰するほど、本格修理の不要な製品が販売、施工されています。